TITLE

出版総目録(女性・社会・教育)-詳細

HOME  ORDER

2014年4月1日からの
消費税増税に関するお知らせ


家庭のための教育手引き集 

木村 元 解説
A5判/全3,396頁/定価85,800円(税別)
ISBN 978-4-87733-975-3(セット)

戦後社会の担い手となった人々はどのような教育環境のもとで育ったか。
1960年代、高度成長期、学校化社会を迎え、親の側から家庭での新たな
教育手引きが切望されるなか、 朝日新聞社が刊行した子どもへの接し方、
学習のさせ方を提供した当時の貴重資料。

第1巻 あすへの教育(小中高校) 定価13,000円(税別)ISBN978-4-87733-969-2
第2巻 あすへの教育(大学・幼年)、女子高校生 定価19,000円(税別)ISBN978-4-87733-970-8
第3巻 勉強力をつける 定価13,000円(税別)ISBN978-4-87733-971-5
第4巻 たのしい勉強 定価8,500円(税別)ISBN978-4-87733-972-2
第5巻 おかあさんのお勉強、おかあさんの机 定価14,800円(税別)ISBN978-4-87733-973-9
第6巻 わが子のしつけ方、母のために 定価17,500円(税別)ISBN978-4-87733-974-6

戦後体育実践資料集 

岡出美則 編・解説
A5判/全3,414頁/定価93,000円(税別)
ISBN 978-4-87733-961-6(セット)

戦後の新しい学習指導要領のもとで、何を試み、
どのような成果を残してきたか―、
現在の体育授業の改善へ、手がかりとなる資料を復刻!

第1巻 指針としての指導書、解説書 定価28,000円(税別)ISBN978-4-87733-957-9
第2巻 カリキュラムの開発  定価19,000円(税別)ISBN978-4-87733-958-6
第3巻 実践展開に向けた示唆  定価20,000円(税別)ISBN978-4-87733-959-3
第4巻 実践を語る 定価26,000円(税別)ISBN978-4-87733-960-9

 

介護殺人の予防 ――介護者支援の視点から 

湯原悦子 著
ISBN 978-4-87733-956-2
A5判/並製/全276頁/定価2,400円(税別)

本邦初の研究書「介護殺人――司法福祉士の視点から」。
衝撃の 刊行から10余年。前著で広く社会に警鐘を鳴らした著者が、
介護 者の抱える苦悩と現状に迫り、どのような支援をすれば
救い得たのか詳細なデータをもとに解説する。
関係各所から待ち望まれた 続刊がついに刊行!

食材別 料理書集成 全5巻 

江原 絢子 編集・解説
A5判/総3550頁 揃定価92,000円(税別) 
ISBN978-4-87733-949-4(セット)

ジャンル別に取り上げた『近代料理書集成』(全13巻)に続き、
各食材別に明治初期~戦前までの料理書を厳選して収録。
伝統を継承した内容と新たな食材の和食化への挑戦の両面が
うかがえる貴重な資料集。

第1巻   米・麦の料理
定価21,000円(税別)ISBN978-4-87733-944-9
第2巻 いも・豆の料理
定価18,000円(税別)ISBN978-4-87733-945-6
第3巻 野菜・果物の料理
定価18,000円(税別)ISBN978-4-87733-946-3
第4巻 魚介類の料理
定価17,000円(税別)ISBN978-4-87733-947-0
第5巻 肉・卵・乳の料理
定価18,000円(税別)ISBN978-4-87733-948-7

日本食育資料集成 第一回全3巻 

山下 光雄 編集・解説
A5判、総2,4446頁 揃定価70,000円(税別) 
ISBN978-4-87733-943-2(セット)

食育のエビデンスとして必要な資料を復刻。

第1巻   家庭実益 食養大全、養生法
第2巻 衛生学教科書
第3巻 軍医学校業府 抄、栄養、国民栄養概論

天皇・幕府の料理集 全3巻 

山下光雄・野口孝則 監修
A5判/総4,768頁  揃定価120,000円(税別)
ISBN978-4-87733-942-5(セット)

食文化の著述書の散失を防ぐことと同時に
日本食文化の資料を正しく理解するために
宮内省の著作物を復刻。

第1巻   日本料理法大成
定価36,000円(税別)ISBN978-4-87733-939-5
第2巻 仏蘭西料理全書〔上下〕
定価52,000円(税別)ISBN978-4-87733-940-1
第3巻 日本支那西洋 料理大辞典
附録 内膳司濱島家文書
定価32,000円(税別)ISBN978-4-87733-941-8

戦後体育学習指導資料集 全7巻 

岡出 美則 編・解説
A5判/総3,690頁 揃定価92,000円(税別)
ISBN978-4-87733-903-6(セット)

第二次大戦後、法的拘束力をもつ学習指導要領が
生み出される前の先人たちの試みと法的拘束力を
もった時期の試みを検討する資料集。

第1巻   師範体育、体育のカリキュラム
定価16,000円(税別) ISBN978-4-87733-896-1
第2巻 新しい小学校 体育学習の指導
定価10,000円(税別) ISBN978-4-87733-897-8
第3巻 体育の学習指導 小学校篇 上巻
定価12,000円(税別) ISBN978-4-87733-898-5
第4巻 体育の学習指導 小学校篇 下巻
定価14,000円(税別) ISBN978-4-87733-899-2
第5巻 体育の学習指導 中等学校篇 上巻
定価10,000円(税別) ISBN978-4-87733-900-5
第6巻 体育の学習指導 中等学校篇 下巻
定価16,000円(税別) ISBN978-4-87733-901-2
第7巻 小学校体育の学習指導
定価14,000円(税別) ISBN978-4-87733-902-9

日本食文化資料集成 全6巻

山下光雄 編・解説
A5判/総4,532頁 揃定価110,000円(税別)
978-4-87733-904-3(セット)

長寿、疾病予防や治療に関係する「食物」の資料を集成。

第1巻 からだと食品成分の共通栄養評価(1)
第2巻 からだと食品成分の共通栄養評価(2)
第3巻 日本人の食事調査
第4巻 一日の食事摂取基準
第5巻 救荒食・災害食(1)
第6巻 救荒食・災害食(2)

近代衣服書集成  全二回16巻 

増田 美子 編・解説
A5判/総8,500頁
■第一回 服飾全般 全8巻 揃定価92,000円(税別)
 ISBN978-4-87733-878-7
■第二回 裁縫関係 全8巻 揃定価92,000円(税別)
  ISBN978-4-87733-887-9

近代に刊行された服飾関係書、裁縫書を集成し、
その歴史、流行や風俗、女子教育等の貴重資料。

■第一回 服飾全般 全8巻
  第1巻 服制と縫針の歴史
    定価12,000円(税別)ISBN978-4-87733-870-1
  第2巻 近世の服飾研究
     定価10,000円(税別)ISBN978-4-87733-871-8
  第3巻 洋服と洋服業界の歴史
     定価12,000円(税別)ISBN978-4-87733-872-5
  第4巻 洋装案内
     定価13,000円(税別)ISBN978-4-87733-873-2
  第5巻 服装改善運動と流行
     定価11,000円(税別)ISBN978-4-87733-874-9
  第6巻 太平洋戦時下の服飾
     定価10,000円(税別)ISBN978-4-87733-875-6
  第7巻 終戦後の合理化と服飾
     定価11,000円(税別)ISBN978-4-87733-876-3
  第8巻 裁縫教育
     定価13,000円(税別)ISBN978-4-87733-877-0
   
■第二回 裁縫関係 全8巻
  第 9 巻 明治の裁縫書1 ―和服-
      定価16,000円(税別)ISBN978-4-87733-879-4
  第10巻 明治の裁縫書2 ―洋服その1―
      定価  9,000円(税別)ISBN978-4-87733-880-0
  第11巻 明治の裁縫書3 ―洋服その2―
      定価12,000円(税別)ISBN978-4-87733-881-7
  第12巻 明治の裁縫書4 ―子ども服とミシン-
      定価8,000円(税別)ISBN978-4-87733-882-4
  第13巻 大正の裁縫書1
      定価8,000円(税別)ISBN978-4-87733-883-1
  第14巻 大正の裁縫書2
      定価14,000円(税別)ISBN978-4-87733-884-8
  第15巻 昭和の裁縫書1
      定価13,000円(税別)ISBN978-4-87733-885-5
  第16巻 昭和の裁縫書2
      定価12,000円(税別)ISBN978-4-87733-886-2

近代割烹教本集成  全6巻 

江原 絢子 編・解説
A5判/総3,500頁 揃定価81,000円(税別)
ISBN978-4-87733-895-4(セット)

明治から昭和初期の調理教育のテキストとして作成された
教科書類を集成、各時代の調理教育を知り、現在の調理
教育に繋がる教育内容との関連性を明らかにする資料集。

第1巻 地域の割烹教本 1
     定価12,000円(税別)ISBN978-4-87733-889-3
第2巻 地域の割烹教本 2
     定価13,000円(税別)ISBN978-4-87733-890-9
第3巻 高等女学校の割烹教本 1
     定価17000円(税別)ISBN978-4-87733-891-6
第4巻 高等女学校の割烹教本 2
     定価13,000円(税別)ISBN978-4-87733-892-3
第5巻 高等女学校の割烹教本 3
     定価11,000円(税別)ISBN978-4-87733-893-0
第6巻 高等女学校の割烹教本 4
     定価15,000円(税別)ISBN978-4-87733-894-7

食養研究 全15巻/別巻1 

食養研究会 編 山下光雄 監修・解説
A5判/総13,000頁 揃定価274,000円(税別)

昭和初期に食養研究所が多くの人々に栄養学と食養学の
考え方の違いや、通俗的な食物の科学、病人の食事など
社会情勢を反映した病院や家庭で実践できるようにと創
刊された雑誌『食養』、改題誌『食養研究』を全号復刻。

●第一回配本 食  養 全5巻
  昭和4年7月号~昭和8年12月号
揃定価74,000円(税別) ISBN978-4-87733-824-4(セット)
●第二回配本 食  養 全5巻
  昭和9年1月号~昭和14年3月号
揃定価84,000円(税別) ISBN978-4-87733-825-1(セット)
●第三回配本 食養研究 全5巻
  昭和14年5月号~昭和19年終刊号
揃定価92,000円(税別) ISBN978-4-87733-826-8(セット)
●第四回配本 別巻
  食養研究会講演集、食養療法、治療食箋、治療食指針、
解説、総目録、執筆者索引
定価24,000円(税別)  ISBN978-4-87733-827-5

庖丁鹽梅 全三十七集四巻 

江原絢子 監修・解説
B6判/総2,300頁 揃定価50,000円(税別)
平成26年7月刊行  ISBN978-4-87733-849-7(セット)

明治二十年代初期に具体的な料理とその作り方を紹介
しながら、料理に関わる課題、道具の改良、食品分析
等の記事を取り上げた日本で最古の料理雑誌を復刻。

石門心学書集成 全22巻 

小泉 吉永 編・解題
A5判/総13,000頁 揃定価285,000円(税別)
ISBN978-4-87733-757-5(セット)

日本人の思考・行動に多大な影響を
与えた「石門心学」書を一大集成。

●第一回配本 第1巻~第7巻 全7巻
  揃定価95,000円(税別)平成25年5月末日
ISBN978-87733-754-4(セット)
●第二回配本 第8巻~第14巻 全7巻
  揃定価95,000円(税別)平成25年9月末日
ISBN978-87733-755-1(セット)
●第三回配本 第15巻~第22巻 全8巻
  揃定価95,000円(税別)平成26年1月末日
ISBN978-87733-756-8(セット)

近代日本の人間形成と学校 --その系譜をたどる

木 村  元 編著
A5判/404頁/定価3,800円(税別)
ISBN978-4-87733-676-9

2012年に出されたシリーズ『人間形成と社会』を資料として、
近代日本の人間形成について、学校との関係でその系譜を捉え
ようとするものである。

シリーズでは、以下の観点から資料を収集し配列した。
(1) 学校方式の受容の諸相を社会の中に埋め込まれてきた
人間形成の方式との関係に留意して提示する。
(2) 地域と学校による人間形成という側面から近代日本の
社会形成と人間形成の論理と葛藤を示す。
(3) 就学と就労の関係に注目し人間形成と社会への連絡な
らびにその間の調整の様相に注目する。加えて、こうし
た観点の前提にある産育レベルの変動にも着目しながら、
21のカテゴリーにわけて77点の資料を選定した。

近代料理書集成 - 日本の食文化史 第二回全7巻

江原 絢子 編・解説
A5判/総3,800頁
揃定価80,000円(税別) ISBN978-4-87733-723-0(セット)

明治以降の中国料理書、材料別料理書、弁当・漬物、
学校の調理実習書に加え、戦時下の料理書を収録。

第7巻 中国料理
手軽な惣菜向 支那料理、素人に出来る 支那料理、
手軽に出来る 珍味 支那料理法
定価11,000円(税別) ISBN978-4-87733-716-2
第8巻 材料別料理
報知新聞懸賞当選 野菜料理、田中式豚肉調理法、
馬鈴薯調理法、冷凍魚取扱並料理法
定価12,000円(税別) ISBN978-4-87733-717-9
第9巻 弁当・漬物
和洋四季 弁当料理の数々、通学児童 栄養弁当十二ヶ月、
家庭実用 つけもの類講義録
定価11,000円(税別) ISBN978-4-87733-718-6
第10巻 調理実習教科書
基本と応用 割烹教科書、料理の栞
定価10,000円(税別) ISBN978-4-87733-719-3
第11巻 戦時下の料理(1)
岩手県栄養指導書、国民食 栄養献立三百六十五日
定価12,000円(税別) ISBN978-4-87733-720-9
第12巻 戦時下の料理(2)
東北地方に於ける食物研究、全日本郷土料理、
郷土食と調理法、時局料理の栞
定価12,000円(税別) ISBN978-4-87733-721-6
第13巻 戦時下の料理(3)
国民保健食の栞、農村と栄養料理
定価12,000円(税別) ISBN978-4-87733-722-3

人間形成と社会 -学校・地域・職業

全Ⅲ期21巻  木村 元 編・解説 
A5判/総13,800頁 揃定価285,000円(税別)

今日の学校による人間形成の方式の歴史的位置を押さえ、
その意義と限界を見定めるために、「学校方式の時代」を
つくり上げた19世紀後半から高度成長期にかけての学校
による人間形成の様態を映し出す資料を編纂。

第Ⅰ期 学校方式の受容の諸相 全7巻
揃定価95,000円(税別)
ISBN978-4-87733-652-3(セット) C3337
第1巻 学校方式導入以前の人間形成
定価10,000円(税別) ISBN978-4-87733-653-0
第2巻 学校による人間形成 - 制度の導入と展開
定価16,000円(税別) ISBN978-4-87733-654-7
第3巻 店員養成の世界
定価12,000円(税別) ISBN978-4-87733-655-4
第4巻 丁稚と徒弟の養成
定価16,000円(税別) ISBN978-4-87733-656-1
第5巻 産婆・看護の学校方式化
定価10,000円(税別) ISBN978-4-87733-657-8
第6巻 学校方式の問い直し
定価17,000円(税別) ISBN978-4-87733-658-5
第7巻 学校方式の「郷土化」にむけて 
- 峰地光重と上灘小学校の教育
定価14,000円(税別) ISBN978-4-87733-659-2
   

第Ⅱ期 地域と学校による人間形成 全7巻
揃定価95,000円(税別)
ISBN978-4-87733-660-8(セット) C3337

第1巻 戦後新教育とコアカリキュラム
定価16,000円(税別) ISBN978-4-87733-661-5
第2巻 地域の動態と教育の計画
定価18,000円(税別) ISBN978-4-87733-662-2
第3巻 地域社会の女性と青年
定価11,000円(税別) ISBN978-4-87733-663-9
第4巻 学校統廃合・過疎問題
定価16,000円(税別) ISBN978-4-87733-664-6
第5巻 都市の住民の地域作り
定価10,000円(税別) ISBN978-4-87733-665-3
第6巻 地域社会と学力
定価18,000円(税別) ISBN978-4-87733-660-0
第7巻 地域社会に内在した人間形成言説
定価6,000円(税別)  ISBN978-4-87733-667-7
   

第Ⅲ期 人間・社会連関の調整 全7巻
揃定価95,000円(税別)
ISBN978-4-87733-668-4(セット) C3337

第1巻 青少年人口の動態と労働事情に関する調査資料
定価13,000円(税別) ISBN978-4-87733-669-1
第2巻 青少年労働市場に関する調査資料
定価13,000円(税別) ISBN978-4-87733-670-7
第3巻 職業世界の新展開
定価15,000円(税別) ISBN978-4-87733-671-4
第4巻 職業指導と少年職業紹介
定価15,000円(税別) ISBN978-4-87733-672-1
第5巻 青少年労働市場と人間観の変容
定価14,000円(税別) ISBN978-4-87733-673-8
第6巻 現代教育機構解説叢書
定価15,000円(税別) ISBN978-4-87733-674-5
第7巻 社会の出産の手ほどき
定価10,000円(税別) ISBN978-4-87733-675-2

近代料理書集成
- 日本の食文化史  第一回全6巻

江原 絢子 編・解説 
A5判/総3,850頁
揃定価76,000円(税別) ISBN978-4-87733-643-1(セット)

明治初期から大正期に刊行された西洋料理書、 
家庭料理書、菓子・パンの製法書等を復刻。

第1巻 西洋料理(1)
西洋料理指南、西洋料理通、手軽西洋料理、常磐 西洋料理
定価12,000円(税別)ISBN978-4-87733-637-0 
第2巻 西洋料理(2)
西洋料理法、洋食のおけいこ、主婦の友
定価14,000円(税別)ISBN978-4-87733-638-7
第3巻 家庭料理(1)
料理手引草、和洋 家庭料理法
定価12,000円(税別)ISBN978-4-87733-639-4
第4巻 家庭料理(2)
四季の台所、三食献立料理法
定価12,000円(税別)ISBN978-4-87733-640-0
第5巻 家庭料理(3)
毎日のお台所、家庭料理日々の献立
定価12,000円(税別)ISBN978-4-87733-641-7
第6巻 菓子・パン
和洋 菓子製法独案内、和洋菓子製法、
食パンの製法及び衛生菓子の拵へ方、
最新麺麭製造法、食パン新書
定価14,000円(税別)ISBN978-4-87733-642-4
bookphoto

近世育児書集成 第一回(第1巻~第10巻)全10巻 品切

全10巻 小泉 吉永 編・解題
A5判/総4,850頁 揃定価95,000円(税別)
ISBN4-87733-349-5(セット)

江戸時代の「子育て書」54点を選び影印復刻。

近世育児書集成 全10巻構成
第1巻
翁問答(中江藤樹作、慶安二年)
女式目(最登被留作、万治三年)
貞節教訓 女式目(最登被留作、寛延四年)
教訓故事 女五経大全(小亀勤斎作、元文六年)
やまと小学(辻原元甫作、万治二年)
大和小学(山崎闇斎作、万治三年)
婦人ことぶき草(香月牛山作、宝永五年)
第2巻
和俗童子訓(貝原益軒作、宝永七年)
貝原先生 家訓(貝原益軒作、寛政六年)
第3巻
増補ゑ入 小児必用記(香月牛山作、正徳四年)
大和女訓(井沢長秀作、文化一四年)
第4巻
官刻 六諭衍義(荻生徂徠作、享保六年)
官刻 六諭衍義大意(室鳩巣作、享保七年)
家内用心集(頓宮咲月作、享保一五年)
養子訓(三田義勝作、享保一七年)
日用重宝 女諸礼綾錦(北尾辰宣編、宝暦五年)
文章必用 寺子幼訓往来(長友松軒作、明和五年)
町人 身体はしら立(周防由房作・手島堵庵補、明和七年)
生涯肝要章(月相叟作、明和八年)
第5巻
前訓絵抄(手島堵庵作、江戸後期)
道得問答(慈音尼蒹葮作、安永三年)
我津衛(手島堵庵作、安永四年)
子もりうた(知真庵作、安永頃)
本心近道 真一文字(正山翁編、安永一〇年)
授業編(江村北海作、天明三年)
父兄訓(林子平作、安政三年)
第6巻
世わたり草(菊屋彦太郎作、寛政一年)
女訓(福井敬斎作、寛政三年)
教訓 日用学則(霊潭作、寛政七年)
第7巻
童子教訓 撫育草(脇坂義堂編、寛政八年)
久世条教(早川正紀作、寛政一一年)
条教談話(早川正紀作、天保五年)
女幼学(雅雁作、享和三年)
父子訓(中村弘毅作、文化八年)
父母安堵艸(楠見広共作、文化一一年)
我身のため(無極庵真嗣翁編、文政六年)
第8巻
甲申新版 児女長成往来(十返舎一九作、文政七年)
絵入 民家育草(大蔵永常作、文政一〇年)
道話 自脩編(小町雄八作、文政一二年)
施印 聞驚都計子(五損道人作、文政一三年)
第9巻
養生一言草(八隅景山作、天保二年)
養生女の子算(辻慶儀作、天保四年)
四徳配当抄(辻慶儀作、天保九年)
嚶鳴館遺草(細井平洲作、天保六年)
新鐫絵入 養育往来(小川保麿作、天保一五年)
こそだて草(小池貞景作、弘化四年)
第10巻
子孫繁昌手引草(文久四年)
佐登し具斜(中村智済作、嘉永四年)
愛育茶譚(桑田和作、嘉永六年)
養育教諭(関口豊種作、安政二年)
捨子教誡乃宇多(橘義典作、文久一年)
教訓 新女大学要鑑(白崎堯谷作、慶応二年)
啓蒙 健全さとし(阪本秀岱作、明治六年)
幼稚諭第一輯 修身往来・体操往来(中村喜平作、明治初年)
神国幼童おしへ草(存統和尚作、明治二六年)

近世育児書集成 第二回(第11巻~第18巻)全8巻

小泉 吉永 編・解題
江戸時代の子育て書第一弾54点に続き、
50点を影印復刻。

A5判/総4,250頁/揃定価85,000円(税別)
ISBN978-4-87733-596-0(セット)

日本の社会病理文献選集 全5巻

松下 武志 編・解説
近年の社会病理現象(権力・情報犯罪)を分析するための
新しい理論枠構築のヒントを提供してくれる文献集。

A5判/総3,900頁 揃定価93,000円(税別)
ISBN978-4-87733-588-5(セット)

1.現代社会問題の社会学的考察 正・続
  定価20,000円(税別) ISBN978-4-87733-583-0
2.スラム、日本のスラム、社会病理学事典
  定価17,000円(税別)  ISBN978-4-87733-584-7
3.都市の社会病理、都市の下層社会
  定価20,000円(税別)  ISBN978-4-87733-585-4
4.社会病理学、応用社会学
  定価16,000円(税別)  ISBN978-4-87733-586-1
5、社会体制の病理学、社会病理学と都市底辺、異常社会
  定価20,000円(税別)  ISBN978-4-87733-587-8

【販売元:綜合教育センター】



日本の子ども研究 -明治・大正・昭和-

全Ⅲ期15巻別巻5 大泉 溥 編・解説

歴史なき「子ども学」の恣意性を克服し、研究の実践的
不毛性を打開していくのに不可欠な基礎資料。
教育学・社会学・児童福祉・児童心理等の研究者必備の書。

●第Ⅰ期 子ども理解の科学化 -明治・大正期を中心にー
 第1巻 欧米児童研究の移植と初期の研究
  定価19,000円(税別) ISBN978-4-87733-471-0
 第2巻 児童観の進展と心理学への期待
  定価22,000円(税別) ISBN978-4-87733-472-7
 第3巻 発達研究の開拓と知能検査の翻案
  定価22,000円(税別) ISBN978-4-87733-473-4
 第4巻 大正新教育と学力評価
  定価19,000円(税別) ISBN978-4-87733-474-1
 別巻Ⅰ 近代日本の児童相談
  定価13,000円(税別) ISBN978-4-87733-475-8
■第一回配本 第1巻~第4巻、別巻Ⅰ 全5巻
  揃定価95,000円(税別)
  A5判・上製・クロス装 ISBN978-4-87733-476-5(セット)
●第Ⅱ期 子ども理解の拡がりと試練(一)
 第5巻 昭和初期の心理学と実践 
  定価22,000円(税別) ISBN978-4-87733-477-2
 第6巻 一九三〇年代日本の児童研究 
  定価20,000円(税別) ISBN978-4-87733-478-9 
 第7巻 留岡清男の子ども研究と生活教育論 
  定価20,000円(税別) ISBN978-4-87733-479-6 
 第8巻 奥田三郎の子ども研究と治療教育方法論 
  定価20,000円(税別) ISBN978-4-87733-480-2 
■第二回配本 第5巻~第8観 全4巻
  揃定価82,000円(税別)
  A5判・上製・クロス装 ISBN978-4-87733-481-9(セット)
●第Ⅱ期 子ども理解の拡がりと試練(二)
 第9巻 児童心理学の戦中と戦後  
  定価26,000円(税別) ISBN978-4-87733-482-6 
 第10巻 戦後児童心理学の再出発  
  定価25,000円(税別) ISBN978-4-87733-483-3 
 別巻Ⅱ 戦後の教育心理学の起点  
  定価21,000円(税別) ISBN978-4-87733-484-0 
 別巻Ⅲ 児童心理学の総括  
  定価23,000円(税別) ISBN978-4-87733-485-7 
■第三回配本 第9巻、第10巻、別巻Ⅱ、Ⅲ 全4巻
  揃定価95,000円(税別)
  A5判・上製・クロス装 ISBN978-4-87733-486-4(セット)
●第Ⅲ期 子ども理解の深まりと新しい実践性の獲得へ(一)
第11巻 障害児実態調査の戦前と戦後
  定価26,000円(税別) ISBN978-4-87733-552-6
第12巻 戦後の児童学と「日本の子ども」という視座
  定価26,000円(税別) ISBN978-4-87733-553-3
別巻Ⅳ 城戸幡太郎と日本の教育心理学
  定価26,000円(税別) ISBN978-4-87733-554-0
■第四回配本 第11巻、第12巻、別巻Ⅳ 全3巻 
  揃定価78,000円(税別)
  ISBN978-4-87733-555-7(セット)
●第Ⅲ期 子ども理解の深まりと新しい実践性の獲得へ(二)
第13巻 田中昌人の発達過程研究と発達保障論の生成 
  定価25,000円(税別) ISBN978-4-87733-556-4
第14巻 新しい子ども研究への胎動
  定価26,000円(税別) ISBN978-4-87733-557-1
第15巻 調査・研究の方法論的深化と実践性の獲得へ
  定価22,000円(税別) ISBN978-4-87733-558-8
別巻Ⅴ 日本の心理学者と子ども研究
  定価22,000円(税別) ISBN978-4-87733-559-5
■第五回配本 第13巻~第15巻、別巻Ⅴ 全4巻
  揃定価95,000円(税別)
  ISBN978-4-87733-560-1(セット)
■第六回配本 解 説
  定価5,000円(税別)
  ISBN978-4-87733-487-1 

日本の優生学資料選集 -その思想と運動の軌跡-

全6巻 鈴木 善次 編・解題
A5判/総4,370頁  揃定価95,000円(税別) 
ISBN978-4-87733-538-0(セット)

日本の優生学に関する情報を多数収録し、
今日重視されている人権、福祉、医療などの
今後のあり方を検討する上でも重要な資料集。

PDF

第1巻

欧化思想と人種改良論
進化論紹介の状況、福沢諭吉と人種改良、
高橋義雄の黄白雑婚論とその論争

第2巻

優生学の祖ゴルトンの著作
原口鶴子訳『天才と遺伝』

第3巻

優生学導入をめぐる議論(その1)
石川千代松、丘浅次郎、外山亀太郎、
岡部文夫、山内繁雄、谷津直秀、三宅驥一

第4巻

優生学導入をめぐる議論(その2)
永井潜、大沢謙二、松本亦太郎、元良勇次郎、
斎藤茂三郎、村瀬雄平、速水滉

第5巻

ナショナリズムと人種改良論
海野幸徳、田中義麿、松村松年
長瀬鳳輔訳『再版 有色人種の勃興』

第6巻

社会運動としての優生学
後藤竜吉と日本優勢学協会、池田林儀と優生運動、
永井潜と日本民族衛生学会・協会、断種法に関連して、
人口問題に関連して、研究所建設に関連して

【販売元:綜合教育センター】

牛島義友著作選集 全五巻 

教育心理学の研究や教育、実践活動などが
産出した膨大な著書や論文を集成。

安藤 延男 監修
A5判/総4,000頁 揃定価82,000円(税別)
ISBN978-4-87733-530-4(セット)

PDF

第一巻 幼児保育・要支援児教育
定価15,000円(税別) ISBN978-4-87733-525-0
第二巻 女子・家族
定価17,000円(税別) ISBN978-4-87733-526-7
第三巻 教育・人間形成
定価17,000円(税別) ISBN978-4-87733-527-4
第四巻 青少年(一)
定価17,000円(税別) ISBN978-4-87733-528-1
第五巻 青少年(二)
定価16,000円(税別) ISBN978-4-87733-529-8

第一巻 幼児保育・要支援児教育(山下 功 解説)
幼児保育
 

愛育の玩具(昭和18年)                     
幼児の玩具(昭和25年)、玩具と絵本(昭和31年)、        
愛育の絵本(昭和18年)、子供の言葉とお話(昭和18年)、      
児童画の発達に就いて(昭和6年)、幼児教育の考え方(昭和31年)、   
乳幼児の精神の発達(昭和31年)、遊び指導の考え方(昭和31年)、
三才児の精神発達にかかわるスクリーニングテスト
及び精密検診の標準化に関する研究(昭和40年)、
育児態度と子どもの性格との関係(昭和48年)

要支援児教育
 

コロニーの開所に当たって(昭和36年)、               
精神薄弱者のための幸福とは --終生施設の必要性--、
精神薄弱者が存在する意義(昭和45年)、
家庭寮について(昭和47年)、ノーマリゼーション(昭和51年)、 
障害児全員就学の問題点(昭和53年)、障害児教育の方向(昭和54年)
精神薄弱児の適応に関する研究 --精薄児の問題行動--(昭和44年)

第二巻 女子・家族(高畠克子 解説)
 

女子の心理(昭和18年)
家族関係の心理(昭和30年)
親子関係検査の作製(昭和48年)

第三巻 教育・人間形成(星野 命 解説)
 

信仰と教育(昭和18年)                
家庭教育と人間形成(昭和48年)
社会性の発達(昭和27年)、精神発達と教育(昭和28年)、       
発達段階の見方・考え方(昭和33年)、
社会性の発達と環境条件(昭和33年)、    
性格と環境(昭和35年)、家庭と教育(昭和37年)、      
性格教育の目標と方法(昭和39年)、     
家庭における宗教的情操の教育(昭和43年)、       
教育評価の展開(昭和44年)、才能の早期発見(昭和44年)、
日本と西欧における態度形成の方向(昭和35年)

第四巻 青少年(一)(安藤延男 解説)
 

小学生の心理(昭和32年)                
青少年の心理と指導(昭和19年・厚徳書院版)               
青少年の心理と指導(昭和24年・国土社版)                
児童青年の道徳意識(昭和7年)、少年の心理的発達(昭和26年)、
児童青年の道徳意識(昭和32年)、児童における性的差異(昭和32年)

第五巻 青少(二)(長谷川浩一 解説)
 

青年の心理と生活(昭和44年)            
牛島 青年心理学(昭和29年)
青年の人生観(昭和7年)、思春期の男女交際(昭和30年)、
青年の道徳(昭和30年)

近世町人思想集成 全17巻  

小泉 吉永 編・解題
A5判/総6,000頁 揃定価180,000円(税別) 
ISBN978-4-87733-522-9(セット)

近世の町人思想が近現代にいかなる影響を及ぼし、
近世の庶民が何をどのように読んだのか。
約60点の商人教訓書を影印復刻、索引付。

PDF

●第1回配本 第1巻~第8巻 全8巻 
揃定価85,000円(税別) 
ISBN978-4-87733-523-6(セット)
●第2回配本 第9巻~第17巻 全9巻 
揃定価95,000円(税別)
ISBN978-4-87733-524-3(セット)

第1巻
人鏡論〔金持重宝記〕(大儒性子作、元禄四年)
家道訓(貝原益軒作、正徳二年)

第2巻
町人嚢(西川如見作、享保四年)

第3巻
冥加訓(関一楽作、享保九年)
商人夜話艸(手島宗義作、享保十二年)

第4巻
家内用心集(頓宮咲月作、享保十五年)
商人平生記(難波吾平作、元文三年)
〈絵入〉八木宝の市〔売買出世車図式〕
(赤松閣鬼望作、宝暦八年)
教訓生業宝(田中友水作、江戸後期)

第5巻
〈町人〉身体はしら立〔身躰柱立〕
(周防由房作、手島堵庵補)
〈町人〉身体はしら立〔増補再板〕
(周防由房作、手島堵庵補)
〈町人〉身体柱立返答(安永二年)
商家秘録(大玄子作、明和七年)

第6巻
〈諸人〉立身始末鑑(木南堂作、明和九年)
〈増補〉立身始まつ鑑(木南堂作、文化八年)
〈糴糶〉八木虎之巻(猛虎軒作、天明七年)
〈糴糶〉八木豹之巻(猛虎軒作、安永二年)
〈町人身体〉商売出世鑑(木南子作、安永二年)

第7巻
〈町家式目〉分限玉乃礎(壮健翁作)
商人黄金袋(大江匡弼作、安永四年)
町人身体なをし(手島堵庵作、安永六年)
家訓心得草(中村一鴎作、安永七年)

第8巻
町人常の道(茂庵老人作、木村柳之編)
貴賤心躰直し(松柏軒作、安永八年)
〈陰隲〉人間立身出世方(天明二年)
〈福徳〉教訓けん約論〔福徳教訓倹約論〕
(瓦長軒菊生作、寛政三年)
家業相続力艸〔家業相続教草〕(土屋巨禎作、寛政六年)

第9巻
〈諸家〉渡世肝要記(有喜堂作、天明八年)
〈増補〉渡世肝要記(有喜堂作、江戸後期)
渡世肝要記二編(桃花山人作、天保八年)
〈教訓絵入〉おしへくさ
〔夷曲集絵抄おしへ草〕(寛政八年)

第10巻
〈増補諸色〉相庭高下伝〔相場高下伝〕(玉江漁隠編、享和元年)
〈民間〉さとし草〔民間喩草〕(加藤景範作、享和元年)
〈商家日用〉生要鄙話(佐々木玉川作、文化十三年)

第11巻
肝要工夫録(鵜殿長快作、文化十三年)
商家因草(大口湖山作、文政二年)
〈家内安全〉富貴繁栄丸(荒井玉泉堂作、文政八年)
宝船桂帆柱〔職人尽・商人尽〕(十返舎一九作、文政十年)
〈金持伝授〉生財辨(釈雲解作、文政十二年)

第12巻
我身之為〔中篇〕(無極庵真嗣翁編、天保三年)
〈御免〉倹約末乃栄(山田野亭作、天保十三年)
〈御免〉倹約末乃栄二編(山田野亭作、天保十四年)
〈御免・質素倹約〉現銀大安売(山田野亭作、天保十三年)
長者之弗箱(山田野亭作、明治二十五年)

第13巻
〈心学〉出世礎(天保十四年)
〈教訓式目〉分限心之的(山田野亭作、天保十五年)
主従日用条目(池田義信作、弘化二年)
〈主従日用条目附録〉民家必用条目(池田義信作、弘化二年)
〈教訓捷径〉大学笑句(為永春水作、天保年間)

第14巻
易術貨殖伝〔朴筮貨殖考〕(井上鶴洲作、弘化二年)
貧福悟道捷径〔善悪道中記四編〕(渓斎英泉作、嘉永四年)
こゝろのはつな〔意馬靷〕(青木誠翁作、嘉永五年)
貧福論義(嘉永七年)
学用木賊文〔〈平生〉受用記〕(与野木氏作、江戸後期*写本)

第15巻
〈四民絵抄〉商家必読国字解(堤一雲斎作、文久二年)

第16巻
〈勧善示蒙〉家職要道)〔一~三巻〕(正司南鴃作、明治八年)

第17巻
〈勧善示蒙〉家職要道〔四・五巻〕(正司南鴃作、明治八年)
たしなみ草(川公美作、明治十年)

解題・索引

黒田俊夫著作選集 人口と社会 全8巻

清水浩昭 編・解説
A5判/総4,200頁 揃定価95,000円(税別)
ISBN978-4-87733-498-7(セット) 

時代に挑んだ人口学者黒田俊夫(1909~2006)の著作選集。
「人口学することの学問的、 社会的意義」「人口学することの
愉しみ」「人口学から現代社会を読み解く理論と技法」が凝縮。

PDF

〈全巻構成〉
 第1巻 社会保障と人口
 第2巻 世界人口
 第3巻 日本人口と人口論 その一
 第4巻 日本人口と人口論 その二
 第5巻 人口動態 その一
 第6巻 人口動態 その二
 第7巻 人口構造、人口移動と地域人口
 第8巻 結婚と家族、その他・解説・主要研究業績

要支援児教育文献選集 第Ⅲ期全7巻〈戦後編〉

中野善達 編集
A5判/総3,832頁 揃定価85,000円(税別)
ISBN978-4-87733-462-8 (セット)

一人ひとりの特別な教育的ニーズに応じた、柔軟・適切な教育的支援が必要な子どもに対応するための参考となる昭和戦後期の文献を復刻。

PDF

第15巻 特殊児童の心理
児童研究会 編
  特殊教育
宮部 正夫 著
第16巻 異常児の記録
後藤 岩男 著
  虚弱・病癖児童の教育
木田 文夫 著
第17巻 精神衛生の理論と実際
黒丸正四郎 著
  精神遅滞児教育の研究
特殊教育研究連盟 編
第18巻 特異児童の教育
アーチ・オー・ヘック 著
第19巻 問題児指導の実際
文部省 編著
第20巻 総説特殊教育
川本宇之介 著
第21巻 問題児
児童研究会 編
  0学級の子供たち
藤口 透吾 著

近代犯罪科学選集 全7巻

B6判/総3,806頁 揃定価74,000円(税別)
ISBN978-4-87733-433-8(セット) 

多種多様の犯罪を科学的に考究し、社会、人間の暗部を抉る稀覯(非売)資料。 

PDF

第1巻 変態心理と犯罪 中村 古峡 著
定価10,000円(税別)
ISBN978-4-87733-434-5
第2巻 女性と犯罪 野添 敦義 著
定価 8,000円(税別)
ISBN978-4-87733-435-2
第3巻 殺人と性的犯罪 加藤寛二郎・荒木治義 著
定価11,000円(税別)
ISBN978-4-87733-436-9
第4巻 演劇と犯罪 飯塚友一郎 著
定価 9,000円(税別)
ISBN978-4-87733-437-6
第5巻 犯罪者の心理 金子 準二 著
定価12,000円(税別)
ISBN978-4-87733-438-3
第6巻 売淫、掏摸・賭博 喜多壮一郎・尾佐竹猛 著
定価14,000円(税別)
ISBN978-4-87733-439-0
第7巻 暗殺・革命・動乱 喜多壮一郎 著
定価10,000円(税別)
ISBN978-4-87733-440-6

【販売元:綜合教育センター】

大正期の家庭生活 品切

湯沢 雍彦 編
A5判/並製カバー付/304頁/定価本体2,000円(税別)
ISBN978-4-87733-431-4

明治と昭和の時代に挟まれ、新旧と和洋と苦楽の二重性が大きく混在した時代--大正期。
抽象的な一般論を敬遠し、本人のナマの言葉や関係者の記録から多数者の行動事実を重視した考察により、大正期の家庭生活は今と何が変わり、何が変わっていないのか。
それは今に生きる我々に暮らしの知恵を与えるだけでなく、
社会人の学習にとっても有益なことである。

目次
はしがき 湯沢 雍彦
第一部 地域社会のドキュメンタリー
 第1章 ある茶作り農村の大正15年間 佐藤 宏子
第二部 家庭と社会の人間関係
 第2章 家庭の中の家族の顔ぶれ
 第3章 出産と堕胎・避妊
 第4章 家庭と地域のしつけ
 第5章 小学校教育の明暗
 第6章 青年時代と結婚まで
 第7章 身の上相談に見る家族関係
湯沢 雍彦
草野 篤子
湯沢 雍彦
久保 桂子・湯沢 雍彦
湯沢 雍彦
臼井 和恵
第三部 くらしの周辺事情
 第8章 衣服生活の変わりぶり
 第9章 都市家庭の栄養と食事
 第10章 地方農山村の風土と食物
 第11章 大正期における老いの意味
 第12章 家族の楽しみごと
 第13章 家計からみた市民のくらし

丸山 直子
中原 順子
小竹千香子
前田 尚子
水島かな
江高橋 桂子

第四部 家庭の生活環境
 第14章 都市の住宅・農村の住宅
 第15章 女性のくらしと家事労働
 第16章 病気の盛行と衛生の不備
 第17章 子どもの文化の時代
 第18章 子どもの見た年中行事
 第19章 新聞広告のいろいろ
川崎 末美
佐藤裕紀子
中原 順子
山岸 裕子
藤田 純子
横山 千代

要支援児教育文献選集 第Ⅱ期全7巻

中野善達 編・解説
A5判/総4,520頁 揃定価95,000円(税別)
ISBN978-4-87733-432-1(セット)

一人ひとりの特別な教育的ニーズに応じた、柔軟・適切な
教育的支援が必要な子どもに対応するための参考となる
明治から昭和戦前期までの文献を復刻。

PDF

第8巻 視話法、東北発音矯正法、点字発達史
第9巻 林間学校、虚弱児童の養護及治療指針、結核予防原則
第10巻 異常児の教育 上・下
第11巻 体育異常の病理と矯正運動、天才の発見
第12巻 聾唖、歌ふ子供たち
第13巻 聾教育学精説
第14巻 児童の惡癖

要支援児教育文献選集 第Ⅰ期全7巻

中野善達 編・解説
A5判/総4,514頁 揃定価95,000円(税別)
ISBN978-4-87733-420-8(セット)

一人ひとりの特別な教育的ニーズに応じた、柔軟・適切な
教育的支援が必要な子どもに対応するための参考となる
明治から昭和戦前期までの文献を復刻。

PDF

第1巻 日英の盲人、世界盲人列伝、盲教育概論
第2巻 異常児教育の実際、異常児教育法の新研究
第3巻 感化教育の研究、不良少年の実際、伯林の特殊教育
第4巻 促進教育の新研究 基礎篇、東京市編智能検査法
第5巻 低能児及不良児の医学的考察
第6巻 聾教育概説、私の体験せる聾教育
第7巻 創立六十年史

近世礼法書集成 全15巻/別冊1

全15巻/別冊1 小泉 吉永 編・解題
A5判/総5,700頁/ 揃定価124,000円(税別)
ISBN978-4-87733-400-0(セット)

武家から庶民、あるいは女性礼法への広がりと礼法の変遷が一望できるように集成。

PDF

●第1回配本 第1巻~第10巻 武家礼法、庶民礼法 全10巻 揃定価75,000円(税別) 
  ISBN978-4-87733-401-7(セット)
●第2回配本 第11巻~第15巻 女性礼法、婚礼 全5巻 揃定価45,000円(税別)
  ISBN978-4-87733-402-4(セット)
●第3回配本 別冊 解題、事項索引 定価4,000円(税別)
  ISBN978-4-87733-403-1
bookphoto

複刻 日本女性史叢書

全23巻/別巻1 上笙一郎・山﨑朋子 編
A5判/総16,000頁/ 揃定価330,000円(税別)

〈日本女性史研究〉の明治・大正・昭和三十年代までの
稀覯文献45点を影印複刻。

PDF

●第1回配本 明治大正期Ⅰ  第1巻~第6巻  全6巻 揃定価84,000円(税別)
  ISBN978-4-87733-385-0(セット)
●第2回配本 明治大正期Ⅱ  第7巻~第11巻 全5巻 揃定価70,000円(税別)
  ISBN978-4-87733-386-7(セット)
●第3回配本 昭和期Ⅰ  第12巻~第17巻 全6巻 揃定価90,000円(税別)
  ISBN978-4-87733-387-4(セット)
●第4回配本 昭和期Ⅱ  第18巻~第23巻 全6巻 揃定価82,000円(税別)
  ISBN978-4-87733-388-1(セット)
●第5回配本 別巻 日本女性史〈総論〉、各巻解説を纏めて再録 定価4,000円
  ISBN978-4-87733-389-8
bookphoto

≪家庭文庫 全12巻・別冊解説≫

上笙一郎・山崎朋子 編纂
四六判(原本の装丁を忠実に復刻)/総4,540頁
全12巻揃定価90,000円(税別) ISBN4-87733-326-6(セット)
別冊解説 並製 定価1,000円(税別) ISBN4-87733-327-4

内 容 〈女性思想〉を追究し〈家庭思想〉の展開を跡づけるためには
必須の大正期貴重文献。

《女性原論》 新婦人訓 成瀬 仁蔵 良妻賢母論 宮田 修
《家庭原論》 家政講話 嘉悦 孝子 家庭経済 和田垣 謙三
《家庭生活》 理想の住宅 保岡 勝也 家庭衛生 吉岡 弥生
《家庭教養》 家庭博物 石川 千代松 新美装法 藤波 芙蓉
《家庭文化》 家庭の娯楽 松浦 政泰 芸術講話 島村 抱月
《産育教養》 児童の教養 三田谷 啓 童話の研究 高木 敏雄
bookphoto

百年前の家庭生活

湯沢雍彦・中原順子・奥田都子・佐藤裕紀子 著
B6判/272頁/定価1,500円(税別) ISBN4-87733-336-3

〈百年前の日本の家庭生活は、どのようなものであったのか。〉
都市と限らず農村・漁村にまで拡げ、1900年から1907年までの、
各種の記録や広い範囲にわたってナマの言葉を拾い、家庭生活を提示。

第一章 ロンドンと東京の百年前
第二章 二十世紀初頭の出来事
第三章 家族のありかたとその周辺
第四章 食生活のあれこれ
第五章 医療と衛生の遅れ
第六章 家計からみた貧富の違い
第七章 子どもたちの生活と学校
bookphoto

≪日本人、育てのなかのしつけ論≫

石川松太郎、山本敏子、藤枝充子 編・解説
A5判/上製函入クロス装/本文クリーム中性紙/
揃定価90,000円(税別) ISBN4-87733-324-X(セット)

内 容 「しつけ」の歴史と将来の課題とを念頭において、
明治から昭和末までの18文献を収録。
第1巻 日本のしつけ、日本礼法史話
第2巻 婦女心得 躾と育、子供の躾方 一名育児憲法
第3巻 家庭教育 子供のしつけ方、実験 子供の躾け方
第4巻 女工の躾けと教育、女工の躾けは此呼吸から
第5巻 国民学校 躾の修練実践、国民学校 ヨイコドモの躾
第6巻 幼児の家庭教育、子どもの自由としつけ
第7巻 こどもの心理としつけ、幼児の心理としつけ
第8巻 巨視的しつけ法、しつけ
第9巻 言葉の教育 躾の変遷と現代の問題点、しつけ
bookphoto

介護殺人--司法福祉の視点から

加藤悦子 著
A5判/328頁/定価2,400円(税別) ISBN978-4-87733-561-8

内 容 「介護殺人」の事例を分析し、それを防止する高齢者福祉の在り方と同時に現代司法の在り方への問題提起を行なっている本邦初の専門書。

第1章


介護殺人の全体状況
第2章 介護殺人の分析方法
第3章 典型的な事件の分析
第4章 事件の発生防止に向けて
第5章 規範的解決の前進
第6章



介護殺人の「実体的解決」をめざして 終 章
--本論文の研究上の位置と課題
bookphoto

叢書 日本の児童遊戯

全25巻・別巻1/上 笙一郎 編
A5判/総14,000頁/揃定価280,000円(税別)
ISBN4-87733-204-9

江戸時代より第二次大戦期までに出版された<子どもの遊び> にかかる文献のうち、理論的・研究的・教育的・実技習得的 および好事趣味的なもので、しかも稀覯的なものを復刻。

第1回配本 Ⅰ.伝承的な遊びと玩具 品切
第1巻~第9巻 全9巻
揃定価94,000円(税別)
ISBN4-87733-200-6
第2回配本 Ⅱ.近代の遊びと研究 品切        
第10巻~第16巻 全7巻         
揃定価83,000円(税別)          
ISBN4-87733-201-4
第3回配本 Ⅲ.遊びと子ども 品切        
第17巻~第25巻 全9巻         
揃定価98,000円(税別)       
ISBN4-87733-202-2
別巻 日本の児童遊戯 品切        
総論(上笙一郎著)、各巻解説を纏めて再録。      
定価5,000円(税別)
ISBN4-87733-203-0
bookphoto

理科十二ヶ月

全12冊/佐藤 洋一 解題
菊判(天地226ミリ×左右150ミリ)/並製帙入
揃定価19,000円(税別)
ISBN4-87733-198-0

石井研堂が、「子どもたちに身近な日常の現象に留意する習慣を養うようにしたい」と、約100年前に著した子ども向け理科読み物を完全復刻。

第一月   新風船
第二月   雪達摩
第三月   花の錦
第四月   汐干狩
第五月   植物園
第六月   蜻蛉祭
第七月   游泳臺
第八月   富士詣
第九月   暴風雨
第十月   銃獵者
第十一月 幻燈會
第十二月 歸省録
bookphoto

日本心理学者事典

大泉 溥編纂
A5判/本文1,320頁/定価本体9,500円(税別)
ISBN4-87733-171-9 C3511

● 収録について
① 明治期以降の日本における心理学の移入・展開・発展に寄与した人物786名。
(心理学書の著者約2,000名をリストアップし、さらに経歴や研究業績などを調べ、それぞれの時期に重要な役割を果した心理学者を選んだ。)
② 哲学・宗教・教育・医学・動物学・社会学・経済学・法律学・文学・芸術など関連領域の専攻者で心理学の形成に関与した人々たちも収録。

● 人物項目の配列と記事掲載
①人名読みの五十音順、見出しの氏名は漢字表記として「よみがな」をつけ、(  )内に生年~没年を西暦で示し、専門領域や研究課題の類別も記す。
②【経歴】では、学歴と職歴を中心とし、心理学専攻者の場合には、卒業記事の末尾に(      )で卒論題目を入れる。
③【学会など】、【学位】、【賞】の項目も設けた。
④【著作】では、《著作集》、《単著》、《共著》、《編著》〔監修を含む〕、《翻訳》、《論文》、《テスト》に分けて示す。
⑤【参考文献】は、回想記、自伝、年譜、著作目録、追悼文、伝記、研究文献を記載。
⑥校閲を約350名の収録予定者本人または遺族(主に著作権継承者)に受けた正確な情報。
⑦約470名の肖像写真(顔写真を基本)を掲載。

● 付録と索引
① 近代日本の各大学(旧制)における心理学体制の変遷。
② 近代日本の心理学者の論考を掲載していた雑誌(1950年代まで)83誌の解説。
心理学専門雑誌23誌  総合雑誌・哲学医学関係雑誌11誌
教育関係雑誌35誌   育児・児童保護・社会事業関係雑誌14誌  
③ ローマ字表記による氏名索引(アルファベット順)を巻末に付ける。

bookphoto

戦前婦人労働論文資料集成

全8巻/赤松良子・原田冴子監修
西村小夜子・上田晴子・福沢恵子・望月雅和・石津澄子編・解説
A5判/総6,100頁/揃定価135,000円(税別)
ISBN4-87733-138-7(セット)

戦前の婦人労働に関する貴重資料二百数十点を、主題別に編纂し、解説を附けて刊行。

戦前婦人労働論文資料集成 第1回 67,000円(税別) ISBN4-87733-139-5
戦前婦人労働論文資料集成 第2回 68,000円(税別) ISBN4-87733-140-9

第1巻 一  般
第2巻 労働条件、適性
第3巻 農業婦人、職業婦人
第4巻 労働状態、母性保護 ほか
第5巻 労働の影響(1)
第6巻 労働の影響(2)
第7巻 労働の影響(3)
第8巻 労働の影響(4)
bookphoto

近代日本学校教育論講座

全12巻/石川松太郎監修
A5判/総5,000頁/揃定価100,000円(税別)
ISBN 4-87733-128-X(セット)

今日の「学校教育」を再考するために、明治初年より第二次世界大戦直後にいたる近代日本における、学校の存在意義、経営管理、教育内容、管理方法について論じた文献を集成。

①日本近代学校史(海後宗臣)
②学校通論(箕作麟祥訳)
③平民学校論略(平野知秋校)
④学校教育(小西重直)
⑤学校論(幣原坦)
⑥学校の意味(遠藤隆吉)
⑦学校教育論(阿部重孝)
⑧学級教育学(小川正行)
⑨国民学校の本質(由良哲次)
⑩地域社会学校(石山脩平)
⑪農村地域社会学校(石山脩平指導、福沢小学校編)
⑫学校社会学(大浦猛)
bookphoto

家族研究論文資料集成

全27巻/別巻1 老川寛監修・解説
A5判/総24,000頁/揃定価520,000円(税別)

明治、大正、昭和前期(20年8月)までに発表された家族に関する論文資料を主題別に分類して年代順に編集した研究者必備の資料。

第1回配本
家族・家族制度論 全3巻
家族・家族制度史 全2巻
ISBN4-87733-092-5 揃定価86,000円(税別)

第2回配本 品切 
家族構造、大家族 全2巻
戸籍・人口(統計) 全4巻
ISBN4-87733-093-3 揃定価116,000円(税別)

第3回配本
家族の機能、家族の伝統と文化 全3巻
農・山・漁村家族、都市家族 全2巻
ISBN4-87733-094-1 揃定価113,000円(税別)

第4回配本 品切 
婚 姻 全6巻
ISBN4-87733-095-X 揃定価120,000円(税別)

第5回配本 品切 
離婚、相続、隠居、分家、親子、親族・同族・氏族 全3巻
家族の問題 全2巻
ISBN4-87733-096-8 揃定価80,000円(税別)

第6回配本
総目次、執筆者索引、解説
ISBN978-4-87733-539-7 定価5,000円(税別)

bookphoto

bookphoto

bookphoto

文献選集 教育と保護の心理学

全四期48巻/別巻1 大泉 溥監修・解題
揃定価 996,000円(税別)

第1期 明治大正期-欧米心理学の受容と実践的模索 全12巻
心理学史の立場から、近代日本の教育や社会的保護にかかわる重要な文献を精選編集。 「教育や福祉ではどんな人間理解がなされていたのか」「問題の発見と解決、とりわけ 教育や保護にとって必要な心理学とはどんなものであったのか」を基本的な視点としている.
第1期第一回 第1巻~第6巻   124,000円(税別)(分売不可) ISBN:4-87733-020-8
第1期第二回 第7巻~第12巻 125,000円(税別)(分売不可) ISBN:4-87733-021-6
   
第2期 昭和戦前戦中期-自立と試練 全12巻
第2期第一回 第1巻~第6巻 126,000円(税別)(分売不可) ISBN:4-87733-022-4
第2期第二回 第7巻~第12巻 119,000円(税別)(分売不可) ISBN:4-87733-023-2 品切
   
第3期 専門雑誌・研究紀要 全12巻
昭和20年代から30年代前半にかけての心理学、とくに教育や福祉にかかわる心理学者の 単行本を中心にパンフレットや雑誌論文なども収録。
第1回 第1巻~第6巻  全6巻 揃定価120,000円(税別)(分売不可)  ISBN4-87733-052-6
第2回 第7巻~第12巻  全6巻 揃定価130,000円(税別)(分売不可)  ISBN4-87733-053-4
   
第4期 戦後初期-反省と再出発 全12巻
近代日本の教育や社会的保護(社会福祉)にかかわる諸労作を心理学史の立場から精選編集。 第Ⅰ期の明治大正(欧米心理学の受容と実践的模索)、第Ⅱ期の昭和戦前戦中(自立と試練) につづき、大正末期から戦後初期にかけての専門雑誌・研究紀要の中からとくに重要かつ入手 困難なものを選んで収録。
第1回配本 第1巻~第6巻 全6巻 揃定価127000円(税別)(分売不可) ISBN4-87733-072-0
第2回配本 第7巻~第12巻 全6巻 揃定価125,000円(税別)(分売不可) ISBN4-87733-073-9

推薦:一番ヶ瀬康子「日本の教育と福祉の大きな成果を集めた意義ある企画」
寺 内  礼 「未来に光明を投げかける画期的な文献集」
堀尾 輝久  「“教育と福祉”を軸とする総合的人間研究の土台づくり」

bookphoto

社会福祉統計年報

全3巻/厚生省大臣官房統計調査部編 上掛利博解説
B5判/総2,800頁/揃定価90,000円(税別)
ISBN:4-87733-059-3

昭和24年、厚生省大臣官房に統計調査部が設置され、厚生省報告例の抜本改革によって 昭和26年から各都道府県から提出されるようになった統計報告をまとめて、それらに解説 を付けて公刊されたもの。
統計表は、昭和26年度から34年度までの生活保護、身体障害者福祉、戦傷病者戦没者遺族等 援護、婦人保護、公益質屋、消費生活協同組合、災害援助、児童福祉、母子福祉資金、 精神薄弱児実態調査、社会福祉実態調査等詳細に整理されている。

bookphoto

「子どもと家庭」文献叢書

全12巻 石川松太郎監修 山本敏子・藤枝充子編集協力
A5判/総6,500頁/揃定価132,000円(税別)
ISBN:4-87733-042-9

子どもと家族(とくに両親)との人間的な関わりに視点をおき、 明治初年より昭和期の第二次世界大戦終了時までに刊行された 思想、心理、生活などさまざまな家庭教育の文献を集成。

1. 通俗家庭教育論(坂部広貫)、通俗家庭教育(新治吉太郎)
2. 家庭に於ける感情教育(熱田真吉)、家庭教育子供のしつけ(久津見蕨村)
3. 家庭及教育(日本済美会)
4. 家庭に於ける児童教育(松本孝次郎)、家庭教師としての母の読本(井田静夫)
5. 愛児のしつけ方、愛児入学前の用意、入学後父兄の用意(加藤末吉)
6. 母の教育(三宅やす子)、愛児教育誕生より学齢まで(野田樟男)
7. 理想の家庭(小林鶯里)、家庭教育の知識(志垣寛)
8. 現代家庭教育の要諦(文部省社会教育局)
9. 学童の家庭教育(大日本連合婦人会)
10. 実際的家庭教育(福島県郡山市赤木尋常小学校)
11. 親たるの道 科学的・進歩的な愛児の導き方(上村哲弥)
12. 国民学校と母の教養(寺門照彦)、母親学校 母の会の問題(山田清人)
bookphoto

「家族・婚姻」研究文献選集 戦前篇 品切

全15巻/別巻1/別冊解題付 湯沢雍彦監修
A5判/総7,820頁/揃定価154,000円 (税別)

現代の家族研究をしていくうえで、過去の家族制度とその移り変わり等を踏まえ、 広い視野で「家族」の研究をしていくことが必要であると思われます。 明治から昭和20年(終戦)以前に出版された単行本を学際的に精選集成。

第1回(第1巻~第8巻) 76,000円(税別)(分売不可) 品切
ISBN:4-906330-16-9 JLA :89-029893~900 NPL :9060163
第2回(第9巻~第15巻、別巻) 78,000円(税別)(分売不可)
ISBN:4-906330-17-7 JLA :90-006105~12 NPL :9070910

推薦:森岡清美「家族論の宝庫」
利谷信義「精選された古典」

 1:増補族制進化論(有賀長雄)  2:隠居論(穂積陳重)
 3:子供本位の家庭(安部磯雄)  4:離婚制度の研究(穂積重遠)
 5:家族制度と婦人問題(河田嗣郎)  6:日本家族制度史研究(砂川寛栄)
 7:家族と婚姻(戸田貞三)  8:日本家族制度批判(玉城肇)
 9:家族主義の教育(新見吉治) 10:日本農村社会学原理(鈴木栄太郎)
11:我国家族制度の研究(橋浦泰雄) 12:結婚と人口(岡崎文規)
13:白川村の大家族(江馬三枝子) 14:日本家族制度と小作制度(有賀喜左衛門)
15:家と家族制度(戸田貞三) 別巻:人事慣例全集(自治館編)
bookphoto

「家族・婚姻」研究文献選集 戦後篇 品切

全22巻/別冊解題付 湯沢雍彦監修
A5判・B5判/総7,696頁/揃定価181,000円(税別)

昭和23年から新しい民法が施行され、家族制度は大改革された。 法律と司法制度、一部市民の意識は変わったが、 大部分の家族の実態はこの間ほとんど動いていない。 この日本家族にとって特別な意味をもった時期の貴重な文献集。

第1回(第1巻~第11巻) 87,000円(税別)(分売不可) 品切
ISBN:4-906330-31-2 JLA :90-031236~46 NPL :9170891
第2回(第12巻~第22巻、別冊) 94,000円(税別)(分売不可) 品切
ISBN:4-906330-32-0 JLA :91-006923~34 NPL :9171272

薦:唄 孝一「湯沢君と温故知新」
米倉 明「家族研究史上にきらめく遺産群」

  1:農村児童の心理(牛島義友)   2:日本民俗論(和歌森太郎)
  3:民衆生活史研究(西岡虎之助)   4:社会生活と家族法(戒能通孝)
  5:家族史の諸問題(青山道夫)   6:相続法の諸問題(中川善之助)
  7:新しい家の倫理(我妻栄)   8:妻・夫・親・子・しうとめ(土井正徳)
  9:社会学大系家族(田辺寿利) 10:家族生活の尊重(牧野英一)
11:調停読本(日本調停協会連合会) 12:家族関係の心理(牛島義友)
13:親子法の研究(谷口知平) 14:近代日本における家族構造(玉城肇)
15:日本婚姻法論(高梨公之) 16:婚姻覚書(瀬川清子)
17:慰籍料(民法七一○条)の算定に関する実証的研究(村上幸太郎)
18:日本における大家族制の研究(玉城肇)
19:訂正増補日本母権制社会の成立(洞富雄)
20:日本人の生活構造序説(蒲生正男)
21:家族制度についての世論調査(内閣総理大臣官房審議室)
    協議離婚の実態(労働省婦人少年局)
22:転換期における家事資料の研究(家事資料研究会)
bookphoto

家庭教育文献叢書

全18巻 石川松太郎監修・解説
A5判/総約7,150頁/揃定価170,000円(税別)

時代や社会による急激な変容の側面と、時代や社会を超えた伝承の側面とが、 複雑に絡み合っている「家庭教育」に関する、明治より昭和20年(終戦)にいたる 日本の近代に公刊された代表的な文献を集成。

第1回(第1巻~第9巻) 84,000円(税別)(分売不可)
ISBN:4-906330-21-5 JLA :90-013244~50 NPL :9071061
第2回(第10巻~第18巻) 86,000円(税別)(分売不可)  品切
ISBN:4-906330-22-3 JLA :90-027702~10 NPL :9170591

推薦:荘司雅子「本叢書の刊行を大いに歓迎する」
山村賢明「日本の家庭教育を根底から問い直すために」

1:博覧会見聞録別記子育の巻(近藤真琴) 家庭教育(小池民次・高橋秀太)
2:家庭教育(民友社)家庭教育法(利根川與作)
3:家庭教育講話(高島平三郎) 親の罪(三土忠造)
4:新家庭訓(三輪田真佐子)
5:家庭教育の実験(羽仁もと子) 家庭教育の仕方(堀田相爾)
6:小学校に連絡せる家庭の教育(山松鶴吉)
7:家庭教育学(田中義能)
8:修訂増補模範家庭(鳩山春子)
9:家庭教育の原理と実際(麻生正蔵)
10:桃太郎主義の教育(巌谷小波)
11:家庭改良と家庭教育(佐佐木吉三郎)
12:家庭教育講話(小川正行)
13:家庭教育(市川源三)
14:幼児より成年まで家庭教育の実際(野瀬寛顕)
15:家庭教育、家庭教育と学校教育(倉橋惣三) 家庭教育(小西重直)
16:日本の家庭教育(岡村匡造)
17:国民学校と家庭教育(阪本一郎)
18:家の道(戸田貞三)皇国家庭教育読本(公手喜代史)
bookphoto

戦後家庭教育文献叢書 品切

全10巻 石川松太郎・山本敏子監修・解説
A5判/総約4,122頁/揃定価94,000円(税別)(分売不可)
ISBN:4-87733-018-6 JLA :96-027235~44 NPL :9655544

戦後における国民の営む家庭生活は起伏が激しく、深刻な多くの問題が顕在化して 今日に及んでいる。広範な問題ゆえに、「家庭教育」に関する文献を、思想哲学、 歴史、行政政策、社会、心理、生理、さらに児童・社会福祉といったさまざまな 立場から集めている。

推薦:深谷昌志「家庭のあり方を考える原点として」
山村賢明「日本の教育に関心をもつすべての人に」

1:母親読本(島田牛稚)家庭教育の話(篠原助市)
転換期の家庭と教育と人間と(古谷綱武)
2:新しい教育と家庭の教育(青木誠四郎) 家庭教育と人間形成(牛島義友)
3:家庭・社会の道徳教育(前田偉男)
4:家庭環境の教育に及ぼす影響(財団法人野間教育研究所)
5:家庭生活と道徳教育(古川原)
6:家庭教育資料(文部省社会教育局)
7:現代/家庭教育読本(川崎芳彦)
いのちの出会い-家庭教育を考える(東井義雄)
8:家庭教育学級の開設と運営(藤原英夫・塩ハマ子) 家庭教育学(志賀匡)
9:家庭教育(山下俊郎)
10:日本人のしつけ-その伝統と変容(野口武徳・白水繁彦)
自由を子どもに(松田道雄)


bookphoto

戦後婦人労働・生活調査資料集

全26巻/別冊附録付 高橋久子・原田冴子・湯沢雍彦監修
B5判/総11,460頁/揃定価340,000円 (税別)

昭和22年に労働省婦人少年局発足以来刊行されてきた「婦人労働調査資料」 「婦人関係調査資料」を中心に生の貴重な調査資料を纏め、民主主義社会における 戦後30年の婦人労働の実態や婦人の生活と意識を伝える。
労働篇は、産業別労働実態、女子保護、労働組合、雇用管理、 女子保護の概況調査、賃金・家事使用人、内職、 生活篇は、労働者家族、農山漁村婦人、女世帯、風紀・売春、消費生活 水準、婦人の地位と意識、生活意識で構成。

推薦:藤田たき「日本女性史の貴重な証言」
松山幸雄「”温故知新”貴重な現代史」
原ひろ子「渇望された実証的資料の復刻」

労働篇(1)全8巻 104,000円(税別)(分売不可)
ISBN:4-906330-42-8 JLA :91-020407~14 NPL :9172144 品切
労働篇(2)全10巻 130,000円(税別)(分売不可)
ISBN:4-906330-43-6 JLA :92-006493~502 NPL :9253834 品切
生活篇  全8巻 106,000円(税別)(分売不可)
ISBN:4-906330-44-4 JLA :91-032866~73 NPL :9155175
bookphoto

岡崎文規著作選集 人口と家族

全6巻 清水浩昭監修・解題
A5判/総3,066頁/揃定価85,000円(税別)(分売不可)
ISBN:4-87733-011-9 JLA :95-037826~31 NPL :9557875

人口学、社会統計学、社会学、経済学、文化人類学に造詣が深く、行政府の 研究機関で研究に従事していた岡崎文規の「人口と家族」にかかわる著作を集成。
近年の社会現象”少子化、晩婚化、核家族化、いじめ・自殺”を解き明かす 鍵と知的営為の統合化という人口学的知の論理の源泉。

推薦:湯沢雍彦「広汎にして綿密な考察」
阿藤 誠「社会人口学再興の狼煙」

第一巻:人口統計研究、国勢調査論
第二巻:新東亜確率と人口対策、結婚と人口
第三巻:日本人口の実証的研究
第四巻:自殺の国、自殺の社会統計的研究
第五巻:結婚と家族、自殺論
第六巻:論文・解説
bookphoto

婦人と新社會

全7巻/別冊総目次・解説付 五味百合子監修・解説
B6判/総5,100頁/揃定価90,000円(税別)(分売不可)
ISBN:4-906330-76-2 JLA :93-008016~22 NPL :9351675

山田わかの個人評論雑誌として、わかを主筆に、夫嘉吉を編集発行人として 大正9年3月創刊され、嘉吉が発病した昭和8年7月第160号まで刊行された。
創刊は平塚らいてうの新婦人協会の発会と時を同じくしているが、 わかはこれに参加せず、わかと嘉吉は独り舞台で読者とじかに語り合い 共感し合いたい希望と期待をこめて小誌の発刊にふみきっている。
婦人問題研究の宝庫というべき未曾有の雑誌であり、わかの 婦人問題は「愛」であるという主張が全号を通じて掲げられている。

推薦:一番ヶ瀬康子「意味深い復刻『婦人と新社會』」
鈴木光枝  「忘れられた偉人 山田わか先生」

bookphoto

女性日本人

全12巻 佐藤能丸監修 佐藤能丸・三宅桃子解題
A5判/総約7,950頁/揃定価175,000円(税別)

婦人総合雑誌として、ナショナリスト三宅雪嶺の婦人花圃の主唱で、 大正9年9月に創刊、大正12年9月の終刊まで全38冊を政教社より刊行。
本誌の目玉は「主張及批判欄」で、時事問題に鋭い論評が展開され、 寄稿者には、平塚らいてう・山田菊栄・山田わか・神近市子・奥むめお・ 中条百合子・吉屋信子らの女性陣、吉野作造・権田保之助・大山郁夫・ 佐野学ら錚々たる論客が多い。婦人参政権・男女平等・生活改革・恋愛と貞操など 重要な問題を扱い、また大正後期の文学状況を知るには不可欠な資料。

推薦:榎本隆司「注目される文学的所産」
阿部恒久「若き知性がとらえた大正婦人運動の実相」

第1回(1~5) 76,000円(税別)(分売不可)
ISBN:4-906330-74-6 JLA :92-039162~66 NPL :9256227
第2回(6~12) 99,000円(税別)(分売不可)
ISBN:4-906330-75-4 JLA :93-016031~37 NPL :9352462
bookphoto

藤田徳松著作集

藤田徳松著 森崎冨喜編集協力
A5判/450頁/定価6,311円(税別)
ISBN:4-906330-77-0 JLA :93-027283 NPL :9354094

大正末より昭和初期に、「婦人問題」に関する論文を精力的に発表。
わが国最初の総合的婦人問題文献誌『明治大正婦人問題文献誌』を独自で刊行した 隠れたる書誌家”藤田徳松”(1898~1975)の業績と足跡。
論文、小伝、書誌研究を収める唯一の書。

bookphoto

小さな家族論

湯沢雍彦著
B6判/288頁/定価2,136円(税別)
ISBN:4-906330-89-4 JLA :94-005415 NPL :9451206

家庭裁判所調査官、最高裁判所家庭局勤務を経て、お茶の水女子大学教授として 家族関係学を担当していた著者が、1970年から約20年間に発表した 「家族」に関する論文、エッセイを七つのテーマ(親と子のあいだ、 夫婦のきずな、高齢者の周辺、家族の変容、江戸・東京の家族、家族の環境、趣味を楽しむ)に分け、年代順に纏めた家族、社会、世相史論。



HOME ORDER

株式会社クレス出版
〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町14-5 メローナ日本橋

メールアドレス